聞いたことがないけれども、 自分にピッタリの商品、サービスがひょっとしたら見つかるかもしれません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
船木誠勝さんは、
格闘技団体パンクラスの創設者で名レスラーでもありました。
HERO’Sで解説などをして活躍していましたが、
先日、現役復帰を発表しました。


船木さんによると、
肉体改造(人によってはダイエット?)は、
誰にでもできるそうです。

ただし、何のために?という目的がないと難しいです。
はっきりした目的があれば、
多少苦しい、面倒なことでも乗り越えることができますから。

はっきりした目的をもって正しい方法を継続できれば、
3ヶ月で効果が現れてきます。
私も効果を実感しました。

筋肉をある程度つけることによって代謝能力を上げて、
脂肪のつきにくい身体をつくっていきます。

本の中ではトレーニング機器を使ったトレーニングも
紹介されていますが、
肉体改造を実践する際に、
用意しなければならない道具は特にありません。

男性でも女性でも通用する方法です。

基本的な流れはこうです。

1.栄養バランスのよい食事
2.有酸素運動
3.筋力トレーニング
4.栄養バランスのよい食事
5・休息

ポイントは、
炭水化物をを摂ってから、運動を始めるということです。
お腹がすいている状態では、筋肉がしぼんでしまうそうです。

有酸素運動は、散歩、階段の昇り降り、自転車など何でもOK。
週3回程度、各20分以上続ける必要はあります。

脂肪1キロを落とすためには、
7,700キロカロリー消費しなければならないそうです。
ちなみに、散歩30分、階段の昇り降り20分、自転車25分で
ようやく100キロカロリーの消費になります。

道のりは長いですから、
自分の生活の中にうまく取り入れる工夫があると長続きします。
例)通勤の行き帰りに20分以上歩くなど

プロのアスリートではないので、
マイペースで楽しく続けていくことが大切だと思います。

有酸素運動のあとは、
お腹、腕などの気になる部位の筋力トレーニング
(腹筋、腕立て伏せなど)をします。

その後に栄養補給します。
脂肪分は控えめにして、
筋肉を作るもとになるタンパク質などを摂取します。

そして筋肉の再生を待つ間(大体2日間)休息します。

実は、この有酸素運動、筋力トレーニングは、
肉体改造だけではなくて脳を活性化することにもなることが
本の中で紹介されています。

肉体改造の必要性をあまり感じていない方でも
最近どうもやる気が・・・という方がいらしたら、
有酸素運動を試してみるのもいいかもしれません。

有酸素運動をすることによって、
多くの健康促進効果が期待できるという報告もあります。






パーフェクト!ハイブリッド肉体改造法(2)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mojimojimoji.blog73.fc2.com/tb.php/682-b2b83003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。